« February 2011 | Main | April 2011 »

心穏やかに

テレビをつければ毎日毎日あのCMと記者会見ばかり。そして被災地の映像。決して忘れてはいけないことですが、たまらない気持ちになります。新聞も特別紙面が続いています。かなりの長期戦になることでしょう。イベントや行事も次々と中止。銀座柳まつりもとりやめだそうで、まるごと高知のよさこいチームも事実上の解散です(って、まだ結成されてなかった?!)こんなときだから仕方ないと思います。でも、被災者の方に成り代わることはできないし、こんなときだからこそ元気で暮らしたいと思っています。だって、自分が元気じゃなくちゃ、人のことを思ったり、やさしくなんてできないから。

なんて思ってはいるのですが、このところ妙に足腰がフラフラ。意識しないとまっすぐ歩くのがたいへん。ついに転倒。そのときは、リーボックのバランスボールのテクノロジー靴、EASYTONE(イージートーン)のせいだと思っていたのですが、これってやっぱり変かもと耳鼻科に行きました。なんとそういう病気があるそうです。「地震酔い」自律神経の不調ですが、もともと三半規管が弱くて、乗り物酔いしやすいし、さもありなん。一応、薬ももらいましたが、いちばんのクスリは「心穏やかに過ごすこと」だそうです。
頭痛も、肩こりも、便秘も、冷え性も、ぜん息も、花粉症も、副腎のデキモノも、み~~んなそう。
と言われても…ですよね。がんばります。いえ、がんばっちゃいけないらしい。

でも、個人的には「がんばって」って言ってもらって大丈夫。ひとりごとなので、あんまり気にしないでくださいね。
わたしはとりあえず、元気です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震!!

人生はじめての大地震。長い一日になりました。被災された方々には言葉もありません。

午前中は世田谷区で新聞バッグの講習会でインストラクター、午後は事務員。カイシャに着いてほどなく地震がきました。
机の下で様子をうかがっていましたが、ビル退去指示があったので、日比谷公園に避難。ヘルメットの人、袴姿の女子学生、通りすがりの人、たくさんの人が集まっていました。

しばらくして事務所へ戻り、仕事の片付けをしましたが、JRをはじめ電車が動いていません。日比谷通りをたくさんの人が歩いています。車の渋滞も激しくなってきました。自宅まで30キロ、とても歩ける距離ではありません。仕方がないので、カイシャに泊まる準備をして、テレビを見たり。

20時半頃に都営地下鉄が運転再開。やがて東横線も走り始めたとの情報で、日付が変わった頃、新橋から銀座線〜東横線〜相鉄で帰宅。家に着いたら3時を回っていました。電車は本数が少なく、時間もかかりましたが、さしたる混乱もありませんでした。道路は大渋滞でしたが、静かだし、コンビニにも電気がついているし、日本ってすごいですね。

覚悟して入った自宅の中は、拍子抜けするぐらい何もなく、唯一の被害者はアフリカのおばちゃん。手がポキリ。普段からとっても不安定な置物だったので・・・長野でも地震の情報に、服を着てベッドに入りました。

翌日見に行った都橋の店は、心配していた酒瓶、写真展の額などは、ほぼ無事。液体の被災はバーボン1本だけ。置物やCD、チラシなどは盛大に落下、散乱していましたが、想定の範囲内。招き猫とジャズマンが倒壊、昇天していました。身代わりになってくれたのかも。都橋商店街の1階はほとんど被害がなく、2階はかなり揺れて結構大変だったそう。火事がなかったのが幸いです。

屋外広告や照明の消灯や個人レベルでの節電が進められ、輪番停電も計画されているとのこと。金曜日のはる美の営業はしばらくお休みすることにしました。お隣の店のママ(都橋の組合の理事長さん)に店内の状況と臨時休業の手紙を書きました。

今回は地震の被害もですが、津波の恐ろしさには目を覆いたくなります。原発事故も。これ以上の災害はもうたくさんです。一日も早く平穏な毎日が戻りますように。

 

 110313_001301

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »