« 2周年★はる美ウラ話 | Main | 続天国と地獄 »

天国と地獄

天国と地獄…とは物騒なタイトルですが、1日のうちでこんなに違う生活圏を体験するなんて~!ということから題名にしてみました。

市民の手で、ZAIMを20000個の銀の紙風船で飾ろう!企画も開始から1週間。風船折りも佳境に入り、折り手を求めて西へ東へ、ウロウロ、ペコペコ(←お辞儀をする音)
さなぎの家へ行ってきました。石川町の駅(北口)を降り、賑やかな中華街と反対側へ進み信号を渡ればそこはコトブキ。知っている人は知っている地区。アジアの安宿街と言えなくもないそんな町の作りです。折り紙は区役所のSさんが先週持っていってくれました。事務局のSさんにまず挨拶。手持ち無沙汰の皆さんに、「新しい担当の方?」などと聞かれつつ(福祉の担当か?)雨が降る直前(=気圧が下がると)頭痛がする老紳士と意気投合、しばし歓談。風船を受け取り、また追加を依頼。次はヨコハマホステルヴィレッジを尋ねます。ここにも100枚預かってもらっていました。ちょうど、カリスマホームレスのYさんが面談中。ここらあたりのことなら何でもお見通し。イベントの主旨を説明して、ご賛同をいただく。この市民協働企画、思いがけずいい感じで協働の輪が広がっているようです。

コトブキで回収した風船をひとまずZAIMへ入れ、電車に乗って上京。かわむらえり子さん「恋するハッピージンクス!」出版の打ち上げパーティ。お招きいただくだけでも恐縮なのに、ハッピージンクス祈願のひとつとして、会場のみなさんと風船折りのセッティングまでしていただくというおまけつき。しかも、イケメン2人のウクレレの調べに乗って。天にも昇る気持ちです~~。会場内は女子でギッシリ。その中に自己愛度120パーセントの美形の男子がチラホラ。さすがは青山。田舎のネズミはちょっと(かなり)恥しかったです…が、そこはおばちゃんの度胸で風船をアッピールし、見事折り紙を折っていただき、たくさんの紙風船を持って帰りましたとさ。めでたし、めでたし。

|

« 2周年★はる美ウラ話 | Main | 続天国と地獄 »

「ヨコハマあれこれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41689/12788405

Listed below are links to weblogs that reference 天国と地獄:

« 2周年★はる美ウラ話 | Main | 続天国と地獄 »