« July 2006 | Main | September 2006 »

大絵日記展

本当は、同じことを繰り返しいろんなところに書くのはNGですが、あえて書いちゃいます。
応援の意味を込めて。

 北村裕花 『大絵日記展』

 8月31日(木)~9月5日(火)
 12:00~19:00(最終日~17:00)
 ギャラリー同潤会※ 入場無料
 (表参道ヒルズ 同潤会青山アパート再生棟「同潤館」2階)

 ※表参道ヒルズの向かって右側の端っこ(東京メトロ表参道駅寄り)
    昔のアパートを思わせる階段を2階へ上がってすぐ右側です。

 北村裕花(キタムラユウカ)さんの個展です。表参道ヒルズの東側(右隣)。かつての同潤会アパートを偲ばせる『同潤館』2階のギャラリー同潤会で。
タイトルにもなっている「大絵日記」の実物(?)もお見逃しなく。家族3人、力を合わせて作ったという力作です。
とっても楽しい個展なので、ぜひぜひ見に行ってくださいね~~。

お隣の超立派な『渋谷区立公衆便所』も必見!そのオシャレな佇まいとネーミング(公衆便所!)の差に、誰もが突っ込みたくなる建物です。夜のライトアップがまたオシャレ~~(なんだけど…堂々と「公衆便所」って書いてあるし)

MeganeHotelEnikki

おやつに田村町キムラヤの焼菓子を持っていく。1900年創業の老舗らしく、しみじみと美味。ご紹介はいずれまた~~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BBQ

BBQ

蝉時雨を浴びながら某美術大学テニスコートで大人のBBQ大会。酒飲んで食ってテニスしてまた飲んで…ブイヤベース後のリゾット焼酎風味で締め。塩キャラメルアイスもグー(の)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冥王星降格

いきなり、『冥王星 降格』の文字が踊る今朝の朝日新聞。なんともキャッチーなコピー。いろんな人がさんざん言ってるけど、やっぱり「すいきんちかもくどてんかいめい」が変わっちゃうのは、やっぱり自分は前世紀のヒトなんだなぁ~と認識させられる。こうやって、これからもどんどんいろんな定理だのが、覆されていくのでしょうか。この世の中、変わらないことなんてないのだ!「一生モノです」なんて言葉もなくなるかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛と死の間で

毎月1本は香港映画。8月は『愛と死の間で』

アンディ・ラウ(劉徳華)とアンソニー・ウォン(黄秋生) なれど舞台は警察ではなく、病院。エリート外科医なアンディ。似合わない…救急隊員のほうが断然いい!ベレー帽がツボ。でも、なんで優秀な外科医が救急隊員に?鶴瓶のおっちゃん(亡くなった妻の父=ホイ・シウホン)は元締めなのか?

難病、夫婦愛、そしてすれちがい。号泣必至のラブストーリー。
タイトルだって、原題の『再説一次我愛[イ尓]』『All About Love』が、日本では『愛と死の間(はざま)で』になりました。泣いてもらいます!

なのに泣けない。

劇場でもそれほど泣いている人はいなかったし(つ~か、観客少なすぎ。当然韓流おばちゃんもいない)

つらつら考えるに、主役の劉徳華(アンディ・ラウ)が、わたしが泣くより先に大泣きしちゃうから。これに限らず、香港映画の男優さんはあたりかまわずなぜか大泣きする(ような気がする)アンディ・ラウに泣き顔はとっても似合う。だけど。ボーボー泣かれると、「お~~、よしよし」てな感じで、傍観者になってしまう。

グッとこらえて、それでも溢れる涙だったら、もらい泣きするでしょう。
ジャンルは違うけど、チェ ミンシクの「春がくれば」は泣けたもん。最後のほうはほとんど涙涙…(韓国映画だけど)

で、物語はというと。よくよく考えると(考えなくても)出来過ぎなストーリー。ありえないでしょ!
心臓移植のドナーにめぐり合ってしまうのは、狭い香港だからこそかもしれないが、移植を受けた患者(チャーリー・ヤン)の夫がドナーの夫とソックリっていうのはありえない!いっそのこと、赤ん坊の頃に大陸で生き別れになった双子の兄弟にして欲しかった…いやもう気になって気になって~~!!

そのクリソツのヘアデザイナーが日本へ行ってる設定で(これも無理っぽい)唐突に流れる「こちらはauお留守番サービスです…」いや~、気になります。この3秒にいったいいくら払ったのかKDDI?!

さらに思い出づくりだか何だか、クリスマス、お正月、バレンタインデー、エイプリルフール、復活祭と特別な日演出攻撃!瀕死の心臓病患者相手に、そんな心拍数があがることをしていいのか、アンディ!キミは医者だろうがっ!!しかも、きっかけは忘れ物の合鍵で不法侵入…(犯罪だ)

さらにさらに回想シーンの水で滑って転ぶ場面。なぜそこまで派手に転ぶのか?アンディ・ラウだからアクション?道連れにされたのか?とか思った…謎。

とツッコミどころも超満載。

そしてシーンのほとんどがオシャレだけど無機質な室内と病院だけで展開される。公道での激走シーンも一切なし。その室内シーンがまたどっちがどっちか分からず混乱…あっちとこっちを行ったりきたり。ああもう、どうにでもして(笑)

登場人物も少ない。アンディ2役だし、アンソニー・ウォンと、妻二人と、鶴瓶夫妻と同僚とモデルだけ。経費節減?
香港映画に欠かせない食事シーンもほとんどない。それだけに、ラストのアンディ・ラウが泣きながらオレンジを食べるシーンが際立つ…のかも。

メチャクチャ書いたけど、なんとなく、そうかもね~、ぐらいは思えます。
香港映画らしからぬ洗練されたラブストーリー、ということにしておこう(笑)

アンディ・ラウ好きは必見!3変化&歌唱もステキです~♪さすがは四天王(←死語)

でも、なんで香港映画じゃダメなの???

もしも主役が、ヨン様だったら。イ・ビョンホンだったら。今頃映画館は号泣するおばちゃんで満員だと思う。惜しい。残念ながらシャンテ・シネは8月25日まで。

---
上海で買ってきた『黒社会』のDVDも早く見なくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大人の修学旅行

大人の修学旅行

大人の修学旅行

松代の山深くに現れた壮大な風のスクリーン。緑の棚田の風景は、どこかバリ島を思わせます。もしここにアマンリゾートが出現しても違和感ないかも〜(の)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜美術館

日曜美術館

松代(十日町市)に来ています。大地の芸術祭の様子がNHKで放送されます。
『日曜美術館』8月20日9時〜(再放送20時〜)
録画予約忘れてしまいました…うっかり!!
写真は『こころの花−あの頃へ』
ブナ林の奥、静かに咲くビーズの花たち。木漏れ日にキラキラと輝き幻想的〜2万本を超えるビーズの花は、集落の方々との協同作品だそうです。(の)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なつやすみ○日目

お洗濯お掃除お片づけを済ませ、プールの前にモトヤで昼ごはん。
キーマカレーオムレツ+パンケーキ(しかも3枚!)これだけのカロリーを消費するには、いったいどれだけ泳げばいいのでしょうか…嗚呼。
なつやすみ○日目

(注) ひとりプール@元町公園ではありません。念のため(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行き止まり

土佐藩の家老野中兼山プロデュースの手結(てい)の港は、1657年竣工の屈指の良港として知られています(←高知県内では)昨年は、マイフェイバリット蟹江敬三さん初主演(!)の映画『MAZE』(マゼ~南風)の舞台にもなりました。

行き止まり
見慣れない標識。落ちるな注意?!

行き止まり
空に向かって伸びる道?!

行き止まり
行き止まり。

行き止まり
港の入り口の可動橋でした。1日8時間だけ通行可能な道(迂回路あり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐的お盆

高知では『おきゃく』と言えば宴会のこと。出てくるのはご存知皿鉢料理。皿鉢と言えば和風バイキングのようなもの。冠婚葬祭万能、お盆のおきゃくももちろん皿鉢※。
土佐的お盆

 ※ネイティブな発音では「さぁ~ち」(笑)

組み物(料理と寿司、甘味、果物)、生(刺身、カツオにたたき)、そうめん…一説によれば、大皿に載せれば何でも皿鉢って言うとか言わないとか。皿鉢は組み物○枚、刺身○枚、そうめん○枚という風に仕出し屋さんに頼みます。宴会に使うテーブルや小皿、コップもぜ~~んぶ貸し出してくれます(しかもちゃんと洗って返さなくてもいい!)お箸も醤油もそうめんのつけ汁も完璧。ビール等飲物は、酒屋さんがクーラーボックスに氷を入れて届けてくれます。飲んだ分だけ買取。実に合理的。どこへ何をどれだけ頼むかは女主人の腕の見せ所ですが、「主人に相談して…」と言う人(=小鳥依人?)はごくごく稀。つ~か、聞いたことないかも。
よって宴席には男女混合で並び、みんな手酌でバイキング。これぞ男女共同参画宴会?!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やなせたかし王国

お遍路さんも御用達の土佐くろしお鉄道・ごめんなはり線。沿線では2回めの田植えもとっくに終わっていました。
和食と書いて『わじき』と読みます。車内放送は『わじきかっぱさんの和食(わじき)駅』です。さっきお遍路さんご一行が降りたのは『やすにんぎょちゃんの夜須(やす)駅』でした。
車内は超ハイバックシートが遊園地の乗り物風。色は違うけど、TDLのホーンテッドマンションのシートみたい。
JR四国はアンパンマン特急が走り、高知県はやなせたかし王の領土(笑)

やなせたかし王国 やなせたかし王国 やなせたかし王国 060812_15550011_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地球33番地

高知市の中心部からやや北東にある地球33番地。東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒は川の中。
いい味出してる倉庫近くの案内標識も『地球33番地ここから333m先』でした。
地球33番地 地球33番地 地球33番地


| | Comments (0) | TrackBack (0)

よさこい三人娘

よさこい期間中の高知の街は、そこいらじゅうが野外クラブ(=ディスコ)状態!
熱いぜ!イェ~イ!!こうして年に一度、若者たちを集めてエネルギーを発散させるといいかも~~(笑)
今年もまたヒロスエ(帯筋)、島崎和歌子(S国銀行)、ペギー葉山さん(高知市役所)のよさこい三人娘?!が登場。リーダー格のペギー葉山さんとは同じ飛行機で高知入りしたらしい。全然気がつきませんでした…有名人センサー、またしても作動せず。

よさこい三人娘 よさこい三人娘 よさこい三人娘 よさこい三人娘 よさこい三人娘
鳴子のお買い求めはぜひコチラで↑


| | Comments (0) | TrackBack (0)

骨格つながり

『プロフェッショナル』とかいう番組を初めて見ました。特集かなんかだったらしく、最後にスガシカオが出てきました。リーマンを辞めてからプロデビューまでの苦労話を披露していました。白米に胃薬をかけて食べた、とか。嘘でしょ。なんかの実験か、自虐か。どうでもいいけど。わたしはスガシカオのちょっと変態っぽい歌詞とか、ヒョロヒョロした形状が好きなので、ふうんと思いながら眺めていたら、不意に岡本兄弟を思い出しました。アゴの部分が昆虫っぽいところとか似てるかも~~!!!ここから確認してみて!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よさこい

明日から高知のよさこい祭りがはじまります。
日程やちょっとためになる見物心得はこちらに書きました。
高知市は体温を超えるような猛暑が続いています。見物はくれぐれもご注意を。

わたしの好きなチームは『とらっく』
(社)高知県トラック協会のよさこいチーム『とらっく』うら裏HPはコチラ
♪風は上々、心に情々、萬御荷物承ります~※♪の楽曲もダウンロードできます。※□に/の「ます」
よさこい気分が盛り上がること間違いなし!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

花火花火花火

みなとみらい線は浴衣と食べ物の匂いで満ち満ちていました。花火大好き!!
Hanabi_060801_2Hanabi_060801_3Hanabi_060801


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »