« 昼下がりの誘惑 | Main | ハイランドホテル »

転地療養

5月5日(木) 転地療養に箱根へ
風邪がなかなか抜けません。なので転地療養と称して箱根行き。
天気もいいし、箱根駒ヶ岳でピクニック~♪cablecar2_050505cablecar_050505
駒ケ岳に上がるには二通りの方法があります。王道のロープウェイか、背後からのケーブルカーか。登山という選択もありですが、半病人はコッソリと裏口から頂上を目差します。乗客もほとんどいないケーブルカー、今年8月末の廃止が決まっています。山頂駅も朽ち果てるにまかされ、残り3カ月どうぞご無事で~、と祈らずにはいられません。

山頂は風もなく穏やか。芦ノ湖を見下ろす芝の上でさっそくお弁当。いつもの超簡単メニューながら、本日のパンは一味違う(はず)

ドライブの途中、富士屋ホテルのベーカリー「ピコット」でパンを仕入れようと思い立ちました。あいにく駐車場はいっぱい。されどパンは買いたし…仕方なくホテル玄関へ。
「お食事でいらっしゃいますか?」「パ、パンを買いたいのですが~」「お車はこちらでお預かりいたします。お名前を」「○○です」パンを買うのに、いちいち名乗らなくちゃいけないのか~。
「ホテル内へのご用はございませんか?」「パンを買うだけです」「それではお車を下にお回しいたします、キーを」バレーパーキングのパン屋?恐るべし老舗ホテル!
汗をぬぐいつつ、ヨロヨロと「ピコット」へ到着(階段を下りただけ)
市価の3倍の高級パンを前に悩んだ末、カレーパン、イチジクとクルミのパンを手に取った瞬間、「○○さま~~、お車をお回ししておきました~~」黒服がキーを手にニッコリ。集まる視線。
「ボ、ボンデケージョも買いましょうか~~」と見栄を張ってしまう小心者な私(汗)

ちょっと寄り道してパンを買おうと思っただけなんですけど~。
ウチの地味~~なクルマは観光バスの前をふさぐように豪快に止めてありました。
ドアはロックしておいてくださいね~、それともどこかで見張ってくれてます?
いちじくとクルミ、ボンデケージョはたいそう美味でした。カレーパンもそれなりに美味しかったけど。パンを買うのにこんなに疲れるなんて。

---

その昔、両親のお供で泊まった宮ノ下のホテル。
やたらと天井が高くて暗闇が怖かったです。貸切状態の地下温泉プールはお化けが出そうだったし~(その後改装されたらしい)便座に座れば足が宙ぶらりん。
身分不相応。

今夜の宿は仙石原のハイランドホテル。
肩の力が抜けていて私好み~、なはずですが。ちょっとだけ心配になりました。

|

« 昼下がりの誘惑 | Main | ハイランドホテル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41689/3985966

Listed below are links to weblogs that reference 転地療養:

« 昼下がりの誘惑 | Main | ハイランドホテル »