Main | August 2004 »

7月も終わり

7月31日(土) とうとう7月も終わり
とうとう7月も終わりです。同室になった方が15人になりました。すっかり牢名主の風格(@_@)七夕に手術をされたSさんも、T字杖でさっそうと退院されました。手術の日にはずいぶんとお待たせして申し訳ありませんでした(Sさんは私の後にTHAの手術をされた方です)
今朝の体温は36.7度。このところ低体温(34~35度台)の私にとってはかなり高熱なのですが、37度未満では記録すらしてもらえません。せめて日記に書いておきます。相変わらず左坐骨に重く鈍い痛みがあり、今やこれがデフォルト(初期設定)さあ元気に今日もリハビリだっ! p(^o^)q

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マッサージの効用

7月30日(金) マッサージの効用は
鎮痛剤の飲みすぎは骨の修復が遅れるそうなので、試しに昨晩は鎮痛剤をやめてみました。サッカーを見ているうちは何ともなかったのですが、やはり夜中に痛みで何度か目が覚めました。激痛ではなく鈍痛。じんわりとした痛み。朝いちばんでロルカムを飲んで一息。

さとさん(Aさん)の書き込みを見て、ナース室の前で「ライオンキング」の歩き方(=松葉杖での4つ脚歩行)を試みていたら、T口先生に見られてしまいました。「なんか変ですよ~」ちょうど休日の後だったので、たった一日で歩き方を忘れてしまったアタマの悪い生徒と思われたかも…「左脚は右の松葉杖で、右足は左の松葉杖で交互に支えながら歩く」ってすご~く難しくて、歩行不能。
リハビリ中、左ふくらはぎマッサージの理由を尋ねると「足が細くならないように」そういうお気遣いなら心配ご無用!と思いましたが、そうはいかないようで。ガッカリ。ヒビが入ったことで荷重増加はストップですが、昼間は松葉杖、夜は車椅子で徘徊中。今では毎日昼シャワー(午後3時までと決められているので)贅沢ですね。

午後の検温で「長期戦ですが頑張って」いい子にして、できるだけ長く病院に置いてもらうように。というオットの願いは神様に聞き入れられたようです(笑)
隣のOさん、二泊三日で退院されました。骨折のSさんも退院。新メンバーはKさん。THA(人工股関節)の方です。月曜日に手術とのこと。
---
昨晩のサッカー、レアルVSジェフ。フィーゴ様、いつもにも増して暑苦しく体が重そうです。ジェフの選手はマルキーニョス以外分かりません。日曜日のヴェルディ戦が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱりヒビが

7月29日(木) やっぱりヒビが
今日はリハビリもお休み。台風が近づいていることだし、休養の一日。雨の前や台風の時など、気圧が下がると具合が(機嫌が)悪くなる私です。などと考えていたら、朝からM原先生に廊下に呼び出され、ヒビが入っているので、「まずはくっついてからまた徐々に荷重を増やして行きましょう、焦らずに」と。やはり、この坐骨の痛みはそうだったのですね。ヒビが入っていたらもっと痛いはず、と訓練室で言われたりもしましたが、もっとヒィヒィ泣かなくてはいけなかったのでしょうか(笑)荷重増加の指示を出さないM原先生、慎重派と思っていたけどやはりそれなりの理由があったのですね、さすが。

その後すぐに、今度はH澤先生が爽やかに登場。「昨日はレントゲンOKと言いましたが、細かいヒビが入っていました。最近できたものではなく数週間前に痛かったときに入っていたようなので、リハビリはそのまま続けてください」(H澤先生はなかなかのイケメン青年。爽やかだし、おばちゃんにも優しいし)
 そうでした!昨晩、H澤先生に最新のレントゲン写真を見せていただいたのでした。手術した左股関節はしっかりと屋根が形成され、大腿骨には斜め45度ぐらいの角度で平行にボルト2本の影がクッキリ。今後が心配な右足は<5度(CE角※)ということで、やはり2本目も手術が必要になるかもしれません。大切にしなくては。
 ※25~30度以上が正常だそうです。

隣のベッドに急患で入ったOさん(4人目のOさん)、昨日は呻き通しでどうなることかと思いましたが、急性腰痛症とのこと。小さいお子さんを残し、ずいぶん気が動転していたようです。10年以上も考えた末の入院と、初診で即入院、いきなり「おまる」の稽古(!=ベッド上安静のため)では動揺の度合いが違うでしょうね。今朝は具合が良くなったようです。
---
斜め向かいの部屋での話。お見舞いに来ていた子供が、「人間の穴っていくつあるの~?口、鼻…赤ちゃんの出てくる穴」それを聞いていたSさん、心の中で「おばちゃんたちにはね、もっとあるのよ。「点滴の穴、ドレーンの穴、見せてあげようか」と思ったそう、まさに。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

大変な手術だったのかも

7月28日(水) 大変な手術だったのかもしれません
昨日は同室の2名の方の手術日でした。手の骨折と膝のじん帯の形成術。利き腕が使えないのは本当に大変そう。手術した方がいる晩は、一晩中明かりがつき、看護師さんが1時間後毎に来るので何となく落ち着かない夜ですが、昨晩はそういうこともなく。どうやら股関節の手術は大変なものだったようです。酸素吸入、血圧や心電図などのモニターや血栓予防、回収血の再生装置もなく、いたって平穏でした。痛い痛いの声は聞こえていましたが…きっと退院も早いのでしょうね。

これからリハビリです。今日から術後4週目に突入、過酷なリハビリが始まります(はず)昨日から実験的に荷重を増やしていますが、痛み倍増!しかめっ面をして「痛い」と言わねば(笑)
---
リハビリから戻ってきました。過酷な筋トレは今日もまだ始まらず。筋トレ&松葉杖での徘徊進歩したことと言えば、まやかしの階段ではなく、本物の階段の昇降になったことぐらいです。坐骨の痛みがじんわりと…筋肉痛が出るのはいつのことでしょうか。明日リハビリ担当はお休み。私も筋トレ徘徊一切お休みです。時には休養が必要、だそうなのですが。いいんでしょうか?帰りにT口さんから、(同室の)「Oさんが、前向きにリハビリに取り組めるよう、気持ちを盛り立ててください」

夕方、上司のT中さんとN沢さんが、はるばる来てくださいました。しかも過分なお見舞いとテレカの束まで。一日中ネット三昧ができそうなほど…本当に感謝感激!元気な姿を確認していただきました(松葉杖の勇姿が披露できなかったのが残念無念!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20日ぶりに

7月27日(火) 実に20日ぶり
20日ぶりにお風呂に入りました。早くからアピールしたかいあって、一番風呂にザブ~~ン!湯船からあふれるお湯に感激~~。一皮むけた感じです。やけに涼しいし、詰っていた毛穴もスッキリ?!介助役はビニールの長い前掛、頭にタオルの魚河岸スタイルで大奮闘。O澤さん、N野さんありがとう、お疲れさまです。
利尿剤を飲んでいるという思い込みだけでトイレの回数が増えてしまい、午前中に早くも6回。喉の症状はエバステルが効いているよう、やはりアレルギーを起こしていた様子。
昨日両股関節の手術をされたOさん、早くも離床。術後18時間も経っていないというのに!やはり気力、体力のある方は違います、ただただビックリ。しかも夕方にはリハビリ開始にさらに驚愕!!
---
暑い中、横浜のFさんがまた来てくださいました。ほどよく冷房が効いた病院は避暑には最高という結論に。下界の皆さま、本当に申し訳ありません。
先日発覚したRAOの先輩からメールをいただきました。親切な看護師さんやヘルパーさんに恵まれ、やはりそれなりに快適な入院生活を送られたとのこと。回復してからはさすがに退屈されたようですが、そういう意味ではここの病院は当たりだと思います。

(業務連絡)過去の記事は7月5日がいちばん最初(古い)日記です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ささやきは右耳に

7月26日(月) ささやきは右耳に
みみ・はな・のどの具合が相変わらずイマイチなので耳鼻科の受診を希望。今朝大雨が降ったことだし、気圧が下がってアレルギーが起こったかな、と軽い気持ち、先日には蓄膿症の疑いも晴れたことだし。ところが今日は聴力検査を受けることに。そしてどうやら、左耳が難聴との診断。低音が聞こえないのはストレス(!!!)によるものが多く、耳の中の水のバランス崩れているのでそのためではないか、との診断。しばらく薬(ツムラ 柴苓湯)で治療をすることになりました。アレルギーのお友達、エバステルもゲット。これからは、ささやきは右耳にお願いします。特に低音の殿方…(笑)

本日のリハビリ、荷重がかけられないため「できることがないんですよね~」仕方なく、床運動。マットの上で正座など少々。空調が効いている部屋でも、筋トレすると汗だくになる!という日はいつの日か(^^ゞ
---
左隣のOさん(3人目)今日手術です。午後にはTさん、Sさんが入院。次々とメンバーが入れ替わります。今では私が牢名主。右隣のKさんも退院されました。母と同じ年齢ですが、物腰が柔らかくとても上品な老婦人。お買いものはいつも玉川高島屋内の明治屋へ。「帰りのタクシー代が1回2,000円で、月3回だと6,000円でしょ、主婦としては考えちゃうのよね」と仰られても…(^^ゞ股関節の患者さんは全国各地からやってきますが、骨折系の方は近隣のハイソな方が多いことを実感。どうぞお大事に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マッタリと日曜日

7月25日(日) マッタリとした日曜日
毎日が日曜日のような入院生活もそれなりに忙しく、今日はマッタリと日曜日。オットは上野毛の母校で卒業後30年近いおやぢ達が集まってのバーベキュー。その中に奥様がM原先生から手術を勧められている方がいたそうです。やはり股関節業界(?)は狭いです。おそらく「愚妻は入院生活をエンジョイしている」などと話したことでしょう…(^^ゞオットが来て言うことには、「ローストビーフが食べられなかった」妻を見舞うため、ローストビーフをパスしたことが悔やまれてならなかったようです(-_-;)
---
いつも拝見している股関節関連の掲示板に男性の方からの書き込みがありました。「216号室は楽しそう…」それって私のこと?!残念ながら本日退院されてしまったようです。おそらく廊下ですれ違ったことと思います。ここでは少数派のRAO仲間なのに。術前の説明のときに見た写真、もしかして。「男の人だ~、珍しいなぁ」と思ったことを覚えています。その節はお世話になりました。

差し入れのCDを聞きながら書いています。O隊長、CKBを病室で聞いていると、一人だけアナザーワールドへ行ってしまいそうです(爆)今でも横浜市のゴミ収集車の音楽は剣さん?イ~ネッ\(◎o◎)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うつぶせができた!

7月24日(土) うつぶせができた!
夜中に目が覚めたら、うつぶせに。心の中でヒェ~~ッ!と叫ぶ。脂汗を流しながらデフォルト※の仰向けに戻って、ホッと一安心。

 ※股関節疾患の患者の基本姿勢は仰向けです。とてもじゃまな台形(高さ約50センチ、厚さ約15センチ)の「外転 マット」を股の間に挟んで寝ています。ある意味壮観。

そんな事件があったので、リハビリでうつぶせになる方法を習いました。二本の足を揃えてゆっくりと右側へ(術足と反対へ)転がる、それだけですが結構大変。足の使い方を忘れないように模擬階段を上がって降りて終了。気がついたら、手のひらの皮がベロリとむけていた!(かなり大きく)「痛そうですねぇ~~、誰か迎えに来てもらって処置しないと」との心配を断り、部屋に戻る。看護師さんに見せたら、「大丈夫よ~」と腰に下げたハサミでチョキン。消毒もなし。確かに大丈夫だったけど、ここでも「女は強い」と妙に納得してしまいました。…車椅子で飛ばすのはしばらく慎もうと思います。
傷口はまだ滲出少々。お風呂に入れない記録更新中!!
---
茅ヶ崎の某有名病院で手術をされたGさんがご主人と陣中見舞いに来てくださいました。片松葉こそついているものの、今年2月末に手術したとは思えないきれいな歩き方。さすがはH方先生のお作。そちらの病院はとにかく慎重に、でもその分患者は術後の頑張りを求められるという、体力勝負!のようなところですね(こちらは精神力で勝負!かな)退院時に次の予約をされたとか。凄すぎます。これからも筋トレ頑張ってくださいね。

夕方、横浜の元気な姐さん達がやって来ました。ここでも本領発揮、一式持参でティータイム。横浜の会の近況報告やら、今後の計画やら、久々に頭を使いました。事業の企画書、ぼちぼち叩き台を作ろうと思います。本もそれぞれ軟硬ジャンルを問わず、チョイスが違って面白いなぁ…人それぞれ。
夜はオットの両親がはるばる高知からやって来ました。二人とももう80歳ですが、元気元気。入院というものをしたこともないので、とても驚いたようです。さりげなく病人らしさを演出。せっかく遠くから来たんだし(笑)感謝。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

またもお預け

7月23日(金) またもお預け
明け方に大腿骨が痛くて目が覚めました。M原先生から、座薬を半分にして使用するようにとのご指導を守り、暗闇で果物ナイフと格闘しましたが、別な大惨事が起きそうなので助けを求めてナースステーションへ。あっけなく半量の座薬2個と物々交換。お尻を締めて二度寝。
訓練室で一昨日の「不評な写真」の話をしたら、「痛そうな顔をして証拠写真を捏造しましょうか」術後3週間目までは軽めのリハビリ。その後は骨の状態を見て、筋トレ、床(うつぶせになったり、正座したり)ビシビシ行きましょう!と担当PTが決意表明。でも熱くはなかったよT口先生(笑)

月曜日に手術のOさん(3人目のOさんです)が入院されました。両足の人工股関節だそうです。ベッドで各種ストレッチ。ここのベッドの方は、代々ストレッチの達人のようです。
午後、Oさん(2人目の)が離床。まだまだ辛そう。寝巻きのまま車椅子に乗せられリハビリへ。
這ってでもシャワー!のはずが傷口がスッキリせず、またもお預け。シャンプーのみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく抜糸

7月22日(木) ようやく抜糸
ようやく抜糸が終わりました。さすがに術後15日を過ぎたため、先生に直訴!もしかして忘れられていたなんてことは…(通常は術後10~14日で抜糸)実際は「抜糸」ではなく「抜ホッチキス」針を専用のリムーバーでチョイチョイと抜きます。その数約30個。記念にといくつかゲット。事務用の「マックス針」をちょっと上質にした感じ。
明日以降シャワーの許可が出たものの、介護浴の日は火曜日。明日は自力で這ってでもシャワーに行くぞ~!

本日リハビリお休みのため、ベッドの上での自主トレのみ。腹筋、腹筋、また腹筋(かなり誇張)訓練中の写真を公開したら、ブーイングの嵐。なんだかとっても楽しそうに見えるらしいです(^^ゞオット曰く、「農作業に疲れたおばちゃんが村の若い衆に足を揉んでもらっている之図」マッサージ後は、真剣に松葉杖の練習をしています!声を大にして言っておかねば。病院作成の筋トレのテキストだって、モデルのPTさんは笑顔ですし。。。
---
シーツ交換、床清掃も終わり、木曜日の公式行事は10時にはすべて終了。
ごく標準的な病院での一日は、朝5時半頃目が覚め、しばらくベッドの上で体が覚醒するのを待って、洗面、着え。全部車椅子での移動です。6時のご開帳までに完璧に「整容」を終えるのは結構大変。看護師さんが体温と大小の回数を記録。7時にお茶が配られるまでしばし筋トレ(一応)、8時前に朝食。火曜と土曜のご飯の日以外は、スープとパンと牛乳。8時過ぎから回診や消毒が始まり、9時前に床清掃が入り、10時から訓練室でリハビリに精を出し、お腹を空かせて12時に昼食。土曜日は麺類の日。他の日はご飯と創作工夫料理です。
午後は検温があるくらいで特に公式行事もなく、洗濯をしたり、シャンプーやシャワーも自由。CDを聞きながら日記を書いたり、メールや読書。ネット接続は面会室の公衆電話を使います。時には「喫茶216号室」でドリップコーヒーを点て、同部屋の皆さんとマッタリしたり、セッセと休養に励んでいます(爆)
17時になるとまたお茶の配給、18時に夕食。入院当初はメニューを記録していましたが、私の思った献立と栄養士さんの献立の名称があまりにもかけ離れているため、あえなく挫折。病院食は、魚と鶏と豆腐類がメインの老人食風。不気味だった骨抜き魚にも慣れました。夕食後は、電話や洗面、着替えなど。検温ののち、21時に消灯。最近は21時近くなるとアクビが出るほど。習慣とは恐ろしいものです。
以上がだいたいの日常。週に一度、血液検査とレントゲンが加わります。

時間があるようなないような、そんな入院生活です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下界は猛暑

7月21日(水) 下界は40度近い猛暑ですね
病院内はとりあえず涼しく快適に過ごしています。今朝は富士山が見えました。
昨晩は座薬なしで過ごせました。痛み止めを全部飲んでしまったので、「ください~」とせがむと「痛み止めを飲みすぎると骨がくっつきにくくなるから」とのこと。思いっきり哀れな顔を作り(*_*)、ロルカムを処方してもらいました。

朝8:45、Oさんお迎えのストレッチャーが来ました。看護師さんが手にメモを書いています。なぜ、手にメモを?人によって手のひらだったり、甲だったりまちまちですが、自身の体にメモを取るお医者さん、はまだ見たことがありません(…後日、S田先生が手にメモを取るのを目撃しました)
これからリハビリです。痛み止めを飲んでいないので靴下が履けません。かなりもがけば履けると思いますが、今日はリハビリ室のベッドの上で頑張ることに。手伝ってはくれないんだろうなぁ…たぶん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本当に追い出されるかも

7月20日(火) 本当に追い出されるかもしれません
何気なく傷口を触ったらブヨブヨした感触。恐る恐るのぞくと、ホッチキスの合間に大きな血マメが。あまりにもグロいので、思わずデジカメで撮影。先生に写真を見せ「こんなに~」と訴えましたが、問題ないらしく、消毒やテープ交換等もなくそのまま。火曜日は介護浴の日。お風呂デビューはまた1週間伸びました(泣)

3日ぶりのリハビリは、両松葉で廊下を歩き、階段の練習。階段で「怖い!」と思ったら杖を捨て、手すりにしがみつけと教わりました。そのあとは?「這って部屋に戻ってください。戻れますから」どこかにすがりつく前に、階段から転げ落ちる自分の姿が頭をよぎります…「靴下も履けるし、爪も切れるし、もう退院ですね~」そ、そ、そ、そんな~~、まだ抜糸も済んでません!せめてあと1週間は置いてもらわないと…(ToT)
相変わらずの低体温。なかなか35度以上になりません。血圧は血圧計でエラーになるほどしっかり高いのに。

夕方、Oさんが入院されました。明日両股関節の手術だそうです。M原先生、創作意欲が復活したのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かなり深刻な問題

7月19日(月) かなり深刻な問題
「出た?」患者仲間の合言葉です。運動量が少ないのと慣れないトイレ(仕切りはカーテンのみ)のせいか、とにかく出ないのです。腹筋運動※をしたり、薬を試したり、いろいろ苦労しています。いつでも浣腸してあげる~♪と言われても…(^^ゞ薬の飲み方も、ウッ!となってからトイレに座るまでの時間を計算しておかねば。所要時間はかなり短縮されましたが、走ってトイレに行けるのはいつの日でしょうか。

 ※息を吐きながら、お尻の穴を締め、背中を丸める。これだけで効果は通常の腹筋運動とさほど変わらな いそうです。ぜひお試しを。

昨日は横浜港の花火大会でした。今年は花火が見られません…そういえば、入院時の持ち物に「浴衣2枚:お祭りで着るものではなく、吸水性のあるもの」と書いてありました(笑)
---
土佐みずき会のNさん、お見舞いありがとうございました。車椅子だらけ!と驚かれてしまいましたが、2階の整形外科とリハビリ病棟は一人に1台マイ車椅子ですし、呼吸器科にも酸素吸入のついた車椅子が常備されていますね。ベッドの脇にカースペースもあり、マイ車椅子は手放せません。

Nさん、Hさん、遠いところをありがとう!元気すぎて早々に追い出されないよう、ほどほどに頑張ります~~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世間では3連休の真っ最中

7月18日(日) 世間では3連休の真っ最中
日曜日は検温以外のお仕事がありません。食べて寝るだけ(…ちょっと今出ないので)入院の請求書が届きました。
手術その他※約66万円也。人工股関節(両股)だと300万円近くだそうです。材料がチタンだからでしょうか。自骨の場合は手間がかかって、割りに合わないかも…リハビリ9万円は高いのか、安いのか(乱暴な単純計算だと15,000円/1回約30分)食事負担金は一日780円、これでは不思議なメニューにも文句は言えません。10日間(7月5日~15日)の合計額105万円は、保険がなければとても払いきれません。クレジットカードは使えないそうです。マイレージ貯めたかったのに(笑)

 ※左寛骨臼回転骨切り術(RAO)、硬膜外麻酔(脊椎麻酔)など

正面玄関脇のポストへ手紙を出しに行きました。ほんの少し外界へ出ただけで、暑さにクラクラ、わずかな凸凹に足(車輪)を取られヨロヨロ。今の私は温室育ちのお姫様~~(爆)
---
2006年度施行をめざし、有限会社が廃止されるそうです。中小会社は取締役会、監査役の設置義務がなくなるとか、世の中どんどん変わって行くのですね。
今日の個人的重大ニュースは、青山ブックセンターの閉鎖です。知らない間に破産申し立てされていたのですね、とっても残念。愛していたのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耳鼻科の検査

7月17日(土) 耳鼻科の検査
痛みがあまり続くのは、骨の細いところにヒビが入っているかもしれないね、M原先生に言われても、ヒビぐらいでビビる私ではありません。自慢じゃないけれど、バスが曲がった拍子に腕にヒビが入ったことも、自重で(!)手首にヒビを入れたこともあったっけ…(^^ゞ

今日もみみ・はな・のどがスッキリしないので、二度目の耳鼻科受診。耳管が詰まっていると訴えたので、蓄膿症を疑われ、レントゲンまで。残念ながら蓄膿症ではありませんでした(笑)たった今、耳鼻科からの薬が届いてビックリ(@_@;)(1)点鼻薬 ←鼻づまりはないんですが…、(2)抗生物質、(3)アレルギー(セレスタミン)、(4)消炎、痰切(5)咳止め。ずいぶん用心深いお医者さんですね。単なる夏風邪だと思うのですが、思いっきりくしゃみをして骨にヒビがはいったら大変だから?!
耳鼻科外来の奥に小児科があります。ご近所の美しい世田谷系マダムがラフな格好でお子様を連れて来ています。モードのトレンドはひとクセエスニックのようです。お金持ち度が上がるほど旦那様との年齢差が開き、子供はブスのような気がします(笑)
---
同室のMさんが退院。三ノ輪のチャキチャキの江戸っ子なお姐さんでした。Sさんも連休は外泊です。病室がとても広く感じます。お風呂に入れないのでシャンプーをして洗濯。まだ3時です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

回診日

7月16日(金) 回診日
「ヒョウチン交換しま~す」氷枕の交換です。術後トイレとリハビリ時以外は片時も離さず腰につけています。ひょっとして体温が36度以上に上がらないのはこのせいでしょうか。

今日は回診日。術足の荷重を減らしてもいいよ、と言われても、人間の足1本の重さは、体重の約5分の一。現在の荷重10キロ、それほど劇的に減らせる訳もなく…(^^ゞ明日からリハビリも3連休なので、ちょっと長めにマッサージ&筋トレ。気の弱そうな青年をあまりいじってはいけないと思いつつ、痛くしたら日記に書くぞ~と脅迫。連休中の宿題をもらって部屋に戻る。

14日に手術したOさん、まだまだ起き上がれそうもなく、心配。とは言ってもそこはM原式、寝ているOさんにも容赦なくリハビリのお迎え。いよいよ離床か?とうとう修羅場が…と見守っていると、クマのようなリハビリの先生が、楽々と抱きかかえて車椅子へ。リハビリでもずいぶんやさしい言葉をかけてもらったようです。あの私の絶叫は何だったのでしょう!!頑丈女にやはり世間は冷たいのでした(-_-;)
隣のベッドに救急患者さんが来る模様。交通事故?それとも?
---
隣のベッドは緊急入院のYさんでした。大阪(和泉市)から電車を7回乗り換え、飛び込みの外来でM原先生にかかり、即手術、入院。大阪の名医で受けた人工股関節の術後が思わしくなく、いくつかの病院を回った挙句にM原先生の記事を見て、「これだ!」とひらめいたとのこと。診察の結果は思ったとおり、その場で内転筋(ちょっと違うかも~後日調べます)をチョキンと切ってもらったそうです。先生も凄いけどYさんも凄すぎ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

退院ラッシュ!

7月15日(木) 退院ラッシュ
同室の3人のお姉さまが本日退院。もう3人も今週末には退院の予定で、一気に牢名主に昇格?!入院グッズを引き継いだり、アドレス交換をしたり、さながら卒業式のようです。Y村さん、退院したら映画見に行きますね。「千の風になって」(7月末から公開)
http://www.sennokaze.jp/04-framepage.html
RAO仲間のOさんが隣室からお引越し。

マイ松葉杖(借物だけど)が支給されました。病棟でも「忘れない程度に」練習するようにとのこと。夜は座薬のお陰で痛みが和らぐものの、日中はまだまだ骨が痛い痛い(>_<)それでもやっぱり私は痛みに強いらしい…PTの先生があらゆる筋を押したり、ひねったりした結果のお墨付きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

術後1週間

7月14日(水) 術後1週間
今日は隣室のOさんの手術の日。同じRAO術なので、私のレントゲン写真で術前の説明を受けたとのこと。自信作でしょうか…(^^ゞまだ続く骨の痛みを訴えても、「骨折」とは痛いものなので、日中は我慢、夜は座薬を使うことに。
レントゲン撮影後、リハビリ。筋を伸ばし、骨に刺激を与えてもらったあと、膝の両側、腹筋の訓練。荷重の確認と松葉杖少々。体重計を2台使い、片足を1台ずつに乗せバランスを見るという実に原始的な方法で重さの感覚を覚える。やっぱり体重は減ってな~~い!!

午後は「玉川病院216号室共同作業所」でワイワイと千代紙人形の箸袋の手工芸。
Oさんの手術後、手術の合間を縫ってM原先生がKさんの離床。皆が見守る中、先生が手を貸すまでもなく、いとも優雅に車椅子へ移動。先週の大騒ぎを思い出し、恥じ入るばかり。看護師さんにシャンプーをしてもらう。U飼さん、とっても気持ちよかったです。
コッピー(名前はまだない)にエサやり。明日は退院ラッシュ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

骨が痛い

7月13日(火) 骨が痛い
左臀部の骨が痛くて、よく眠れないまま朝を迎える。これって成長痛?今朝の体温は34.4度。ごはんを食べても35.5度。プールには入れません(笑)体温が低いのは炎症がないからだ~よしよし…と勝手に解釈。喉が痛いので耳鼻科を受診。ファイバースコープで鼻から喉を診てもらう。軽い炎症とのこと。病院って便利~。

松葉杖での本格的なリハビリ開始。足の出し方、体重のかけ方を練習する。体重は減っていません。PTのT口さん曰く、「普通は体重が減るんですが」大切な右膝に違和感を覚え、あえなく終了。膝の診察もお願いしなければ。骨の痛みを訴えてみても、「骨盤の骨折は痛いです。ノリスケさんは痛がらないほう」ああやっぱり、私って痛みに強いらしい。

昼寝で睡眠不足を取り返し、前後して入院の方々と座談会。お見舞いにいらした芳村真理さん、ブルーグラデーションのネイルがとってもクール。それぞれに素敵な姉妹。
夜、M原先生がいらして術後のKさんに掛けた「明日は関係なく起こすからね」の言葉に全員が「エ~ッ?!」
「なんか文句ある?!?」先生がギョロリ。
就寝前の体温、37.5度に急上昇。お尻の骨が今夜も痛い(+_+)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大惨事!!

7月12日(月) 大惨事!!
腰から背中が冷たくて目を覚ましました。トイレに行った夢は見ていないのに(@_@;)
なんと!術創部の氷枕が失禁していたのでした!早朝から冷や汗びっしょりの出来事でした。
月曜日は回診、清拭、傷口消毒のフルコース。
部屋の清掃時には、全員が廊下に出て協力(集団生活の基本ですね)
お局様方が車椅子でズラリと整列するところは壮観!大奥のようでございます。清掃をする看護師さん達に緊張が走るのが分かります~そりゃ怖いですよねぇ、雑巾の絞り方が甘いんじゃない?などとご指導が(^^ゞ
今日ははじめての松葉杖。この調子だと来週には退院かも?!(まさか…)

◆お詫び
昨日の日記中でのトイレの数、洗面台の設定は、おそらく病院の状況が20年前と今では違うためだろうとのこと。
便器も、ウォシュレットへの交換時に誰かが選んだもので、吉村順三先生の責任ではない、とオットに諭されました。
吉村先生ごめんなさい。堀商店のドアノブも素敵です。トップライトもいい感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おかしな天気の一日

7月11日(日) 晴れのち雷雨のちくもり横浜じゃ「ひょう」
今日は清拭もリハビリもお休み。相変わらず丸太な足を引きずって、セッセとトイレに通います。そのトイレたるや足が宙ぶらりんになるほど高い便器が2つだけ。車椅子仕様のため、ドアはなくカーテンのみ。いつも渋滞しています。
ついでに言えば、洗面台も高過ぎて届きません。私が顔を洗えるのはいつの日でしょうか。私はフランス人になりました。(おフランスの淑女は水で洗顔しないそうです)
吉村順三先生、恨みます。。。
---
今日はM夫妻から「メダカ」※をいただきました。
「吸飲み」と同じくらいの容器に2匹が泳いでいます。名前募集中!!※コッピー(COPPER FIN) 中国広東付近原産
MMクラブのFさんが来てくれる。相変わらずいい歳のとり方をされているなぁ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空白の3日間

7月7日(水)七夕 いよいよ手術当日
七夕の日に無事手術が終わりました。
朝8:45に1発目の注射を打たれた瞬間、ウットリと前後不覚に。部屋を出るとき、手術室の前で両手を振って皆さまの声援に応えたそうですが(笑)覚えているのはベッドの上でレントゲン写真を見せられ「成功です」と言われた瞬間だけ。(午後2時過ぎだったそう)
昨日挨拶に来てくださった麻酔の先生、手術室の看護師さん、一度もお顔を見ることができませんでした。術前の説明ではもう少し意識があるように書いてあったのに~。
夜になってようやく筋肉&関節痛で目が覚めました。2時間毎の体位交換はあまりにも辛く、苦しい思い出です。背中に刺した硬膜外麻酔の効き目はすばらしく、傷の痛みは全くありません。

7月8日(木) 手術の翌日
筋肉&関節痛と戦いつつ、1日中ベッドの上で寝ていました。
手術前に貯血した自己血も全量「返血」されました。ドレーンからの血膿(?)も一定量溜まると血液だけを戻してくれるそうです。まだ背中に麻酔を刺しているので傷の痛みはありません。体を拭いて浴衣の寝巻に着替えさせてもらって、病人気分全開です。目に星が入ったようなかわいい看護師さんに「おシモ洗いまぁ~す」と言われてビックリ、なすがまま…H渡さん、驚いたけど気持ちよかったです。ありがとう!点滴の管、ドレーン、おしっこの管…病院とは穴だらけになるところと発見。気がつけば、両手にいくつもの穴、穴、穴。テープを張ったら皮膚が剥がれた水泡までありにぎやかです(笑)
こうして寝ていられるのも今日まで。明日は槍が降っても離床です。

7月9日(金) 術後2日目
いよいよ車椅子デビュー!!まだまだ体は自由になりません。
回診時に泣き叫びながら車椅子に移され、熱が~~(*_*)と言っても「熱があってもリハビリに行くのがM原式です」
看護師さんの叱咤激励を受け、お姉様方の声援に押され、フラフラしながらおしっこの袋をぶら下げてリハビリ室へ。
リハビリでは、私の場合は「かしまし8人部屋」(8人中7人が股関節患者)の元気なお姉さん方とは異なるため、「頑張らなくていいです」との嬉しいお言葉。T口先生大好き~♪(相対的評価)
人口股関節チームの皆さんは、術後すぐにかなりの加重もOK。後は本人の頑張り次第らしいけれど、自前の骨を「人工的に骨折させている」私の場合は、骨折の骨がよく着くように少し刺激を与える程度でいいそう。足の長さを測り、力の入れ方、加重のかけ方を確認しておしまい。

7月10日(土) 術後3日目
Tシャツ&パンツに着替え、介助なしで昼前に車椅子へ。すごい進歩だ!
今日からはおしっこの袋もありません。何が何でもトイレに行かなくては!ベッド~車椅子~トイレ~車椅子~ベッドのコースは約30分の大事業。1日うちのトイレ関係に裂く時間たるや…(@_@;)病院はもっと暇かと思っていたら、一挙一動にやたらと時間がかかるので結構忙しいのでした。

元患者のYさんが来て、千代紙細工の講習会。傍目には内職に見えることでしょう。
午前中はメールの確認、午後はリハビリ。あいかわらず左足は丸太のようです。自分の足なのに。
同室のSさんが退院、秋田へ帰られました。午後にはKさんが仙台から、やはり人工股関節だそう。さながらM原先生詣でといったところです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

いよいよ明日は本番

7月6日(火) いよいよ明日は本番
最後の貯血。前回のように出血多量とはいかず、ほとんど搾り出すようにしてなんとか400ccをクリア。
手術室の看護師さんの挨拶に続いて、超個性的な麻酔の女医さんの説明を受け、迷うことなく硬膜外麻酔を選択。痛いのはイヤです~。
M原先生からは手術の詳細とRAO術後プログラムの説明を受け、各種同意書にサイン。
明日は、6時起床、浣腸、シャワー、8時45分に最初の注射。手術開始は9時15分、全身麻酔の後、実際の執刀開始は1時間半後ぐらいから。最後にレントゲン撮影があり、終了は14時半頃とのこと。なかなかの長丁場。その後、先生は2本目の手術へ。
---
本人は眠っているだけだけど、先生大変ですね、と言いましたが、「仕事ですから」 そりゃそうです。今夜はせめて傷口が美しく仕上がるようお祈りしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日から

7月5日(月) 今日から
今日からいよいよ未知の入院ライフのはじまりです。
月曜の朝なのに渋滞もなく、自宅から30分で到着。自分でも呆れるぐらいの量の荷物を持ち込む。2階南の216号室は緑が見える8人部屋です。秋田のSさん、新潟のOさん、山梨のSさん、東京組はMさん、Yさん、Kさんとお隣の女優のY・Jさん。銀幕の女優さんを目の前に母も大興奮!!
7名が股関節患者で、全員M原先生の作品(?)です。私以外は皆さん人工股関節だそう。両足同時(2本切、と言うらしい)の方が3人もいらしてビックリ!

入院計画書、看護計画書に沿って説明を受ける。推定入院期間は32日間、8月5日までとのこと。予想以上に早いぞ~~。昼食後、院内の探検。北棟の「外へ出るときはマスク着用のこと」っていったい?(実は結核病棟でした)
ナースステーション前の七夕飾りが寂しいとのことで、千代紙が配給され、新入りはベッドの上で鶴や風船を黙々と折りまくります。短冊も書きました。なんか風流だなぁ。「今年の七夕が記念日になりますように」
夜は冷凍みかんが出ました。病院食のイメージにピッタリ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | August 2004 »